埼玉県和光市の景観を考える – 関東学生景観デザインコンペティション

Sponsored Link

埼玉県和光市の景観を考えた事ございますか?
わたくしは『生まれも育ちも和光市』なので

和朝
「和光市って将来こんな街になって欲しいな~?」とか
「和光市ってなんで○○が無いんだろ~?」とか
「和光市ってもっとこうすれば良いのに~?」とか

などなど、和光市について色々と考えた事がございます。
そんな私の妄想(笑)とは違い
和光市の景観の事を真剣に取り組んだイベントが開催されます。

その名も『関東学生景観デザインコンペティション』です。

名称:関東学生景観デザインコンペティション
日時:平成28年11月27日(日)12:30開場(入場無料)
場所:和光市中央公民館

関東学生景観デザインコンペティションとは?

第3回関東学生景観デザインコンペティション
 

どうもこんにちわ!
『和光市/朝霞市ナビ』管理人の和朝(かずあさ)です!

「関東学生景観デザインコンペティション」とは
地域デザインや都市の事を考えるなどの研究室やゼミに所属している
関東の学生たちが特定の地域や地区をテーマに考え
それぞれが作品を発表するデザインコンペティションを行う会の事です。

コンペティション(competition)
コンペティション(competition)とは、競争、競技会の意。 略して「コンペ」ともいう。 複数人数の製品・作品の評価を競い合わせ、優れたものを選ぶこと。

今回はその『関東学生景観デザインコンペ』のテーマに
埼玉県和光市の午王山通り周辺及び午王山特別緑地保全地区が選ばれました!

課題の趣旨はこちら↓

埼玉県和光市には、現在の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)があります。埋蔵文化財包蔵地とは、地中に埋もれている昔の人々の生活の痕跡で、遺物・遺構が含まれている地域です。また、遺跡は、当時の生活を現代に伝える資料であると同時に過去と現在を結び付けてくれる場所とも言えます。その中で、和光市にある午王山遺跡(ごぼうやまいせき)は、埼玉県内随意一の大規模な環濠集落として、荒川下流域での重要な拠点集落と知られており、和光市指定文化財(2013年)に指定されています。古代の遺跡が景観の一部として存在しているイタリアの町並みのように、遺跡は、その地域の「今と昔」を繋ぐ、景観のキーポイントではないかと考えます。 そこで、今回のコンペティションは和光市の午王山遺跡を対象に、市民の皆様が和光の景観を身近に感じられる「時を繋げる景観デザイン」を募集いたします。「景観デザイン」という立場から、和光市民の皆様が「和光市特有の景観」として親しめるアイデアを学生の皆さんからご期待いたします。

ちなみにこちらの情報は「関東学生景観デザインコンペティション実行委員会」様からの
Twitterフォローで知りました。

こうした情報提供も頂けると和光市や朝霞市・新座市の事が色々と知れて
和朝として嬉しい限りです!(^^♪

こういったお知らせは大歓迎ですので
どんどん送ってくださいね~(^_^)/~

テーマは「時を繋げる景観デザイン」埼玉県・和光市

Sponsored Link

こちらは埼玉県和光市の午王山地区をテーマとしてデザインコンペが行われますが
こういったコンペは前回、前々回と行われ今回は第3回目と言う事です。

前回や前々回に入賞した作品を見させて頂きましたが
将来工業デザインや建築関係の目指している(?)学生たちが
1次審査~最終審査勝ち抜いて入賞した作品だけに
コンセプトやクオリティが抜群でした!!流石です(^^♪

ちなみに今回の第3回コンペに参加して頂いた学校はこちらになります。

参加学校名(五十音順・大学名は大学院を含む)
熊本大学、芝浦工業大学、首都大学東京、千葉工業大学、千葉大学、中央工学校、東京造形大学、東京電機大学、東京理科大学、東洋大学、名古屋市立大学、日本大学 合計15作品

また過去どのようなコンペでしたのかご紹介しておきます。

  1. 第1回 関東学生景観デザインコンペティション
    (平成26年・東京都板橋区)
  2. 第2回 関東学生景観デザインコンペティション
    (平成27年・千葉県船橋市)
第1回 関東学生景観デザインコンペティション 最優秀賞作品 第2回 関東学生景観デザインコンペティション 最優秀賞作品 第2回 関東学生景観デザインコンペティション 景観デザイン賞作品
 

詳細情報

こちらの催しは下記の通りです。

概要
名称:関東学生景観デザインコンペティション
日時:平成28年11月27日(日)12:30開場(入場無料)
   13:00~17:00
場所:埼玉県和光市中央公民館

審査方法:
入賞作品制作者によるプレゼンテーション(パワーポイント、パネル及び模型展示等)を実施し、審査委員及び市民(公募)の投票により優秀作品を選定します。
※公開審査の詳細は入賞者に個別に連絡します。

賞および発表:

  • 最優秀賞    1点 (賞金20万円)
  • 優秀賞     1点 (賞金10万円)
  • 景観デザイン賞 1点 (賞金 5万円)
  • 佳作  数点 (賞金 1万円)
    ※入賞者には賞状と賞金を贈呈します。

和光市の未来の景観に興味や関心がある人や
学生たちが真剣に取り組んだアイデアを見てみたい人は
11月27日に和光市中央公民館で開催される
関東学生景観デザインコンペティションを見学しに行ってみてはどうでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。(*^_^*)/~

Sponsored Link

▼ この記事が参考になりましたらシェアして頂けると嬉しいです♪ ▼

 

和光市で1番住みやすい場所ってどこ?

 

これから和光市に暮らそうと思っていませんか? 今回はそんな和光市で賃貸暮らしを始めようとする人向けに「私がこれから和光市に住むとしたらどこに住む?」と言う視点で和光市で1番住みやすい地域を考えてみました。この記事に興味のある方は是非ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

和朝(かずあさ)

こんにちは、和朝(かずあさ)です。 和光市・朝霞市がずっと地元のサラリーマンです。 職業がWebディレクターと言う事もあり、趣味が高じてこんなサイトをつくってしまいました!週末には妻とわたしの地元和光市・朝霞市・新座市に頻繁に出没しております。 何やら目つきの悪い男性がスマホ片手に怪しい挙動をしておりましたら私かと思いますので捕まえずにそっと遠くから暖かい眼差しで見守っておいてあげてくださいwww